スタッフによるデータ調整

お送りいただいたデータは、印刷サイズに合わせてスタッフが調整を行います。

一般的な印刷通販サイトでは『不備』とされるデータでも、スタッフの判断で調整を行なった上で印刷いたします。ですが、すべてスタッフの判断で進行させていただきますので、ご希望の仕上がりとは異なる場合がございます。ご了承ください。


データの種類

おすすめのデータ

jpg、pngなどの画像データがおすすめです。画像データは、注文時にトリミング機能・プレビュー機能をご利用いただけます。

おすすめデータの例)

  • スマートフォンや一眼レフで撮影した写真
  • イラストアプリで作成した画像

画像サイズの目安もあわせてご覧ください。

あまりおすすめできないデータ

画像データ以外は、注文時のトリミング機能・プレビュー機能をご利用いただけません。弊社スタッフの判断で、ご注文サイズの比率にトリミングを行います。詳しくはデータの調整方法をご覧ください。

また、エクセルやpageなどで作成されたデータは、開くパソコンによって見え方が変わることがあります。ご注文自体は可能ですが、すべてスタッフの判断でデータ調整・印刷進行となりますため、ご希望の仕上がりとは異なる可能性が高いです。

エクセルやpageなどでの仕上がりの例)

  • 文字の形が変わる
  • 文字の改行位置が変わる
  • 画像のレイアウトが変わる

データの調整方法

印刷の向き

画像の長辺が印刷用紙の長辺になるように印刷いたします。

jpg・pngなどの画像データでご注文いただく場合は、注文時に印刷範囲を決めることができます。

 


画像が小さい場合

スタッフの判断で、拡大して印刷いたします。拡大するため細部がぼやけたりモザイク状になります。


画像に余白がある場合

余白部分も含めて印刷いたします。

 


なるべく想定通りの仕上がりに近づけるには

  • なるべく縦横のサイズが大きい画像を使う
  • jpg、pngなどの画像データを使う

色について

紙に印刷する場合、パソコンやスマートフォンの画面で見た色と全く同じ色にはなりません。

パソコンやスマートフォンの画面は発光しているため、紙よりも明るく鮮やかな色に見えるようになっています。